はちわれRN52ブレークアウトProで音初め。(その1)

はちわれRN52ブレークアウトProを使って音初め。

まずは手始めにシンプルなBluetoothスピーカーにして鳴らしてみましょう。

とても簡単にできますよ!

今回は2個500円と超激安なのに素晴らしいサウンドが再生できる秋月電子の「8Ω10W広帯域用スピーカー」を使ってみました。

ホント、馬鹿にできない音です!


用意するもの


組立て

 

RN52BOとUSBシリアル変換モジュールをジャンパーワイヤーで接続します。

重要!) USBシリアル変換モジュールのIO電圧設定用ジャンパーを3.3Vの方にして下さい。VCC(5V)ではなく3.3VのピンをRN52BOの3.3Vに繋ぎます。

GND・・・RN52BOのJ1 21ピン

3.3V・・・RN52BOのJ1 20ピン

RXD・・・RN52BOのJ1 15ピン

TXD・・・RN52BOのJ1 16ピン

RN52BOのスピーカー出力とスピーカーをコネクタ付コードで繋ぎます。+/-の極性を間違えないように。

左スピーカー +・・・SPKR_L+ J2 1ピン

左スピーカー -・・・SPKR_L- J2 2ピン

右スピーカー +・・・SPKR_R+ J2 4ピン

右スピーカー -・・・SPKR_L- J2 5ピン

スピーカーの端子には+/-の刻印があるので確認してつなげましょう。 

配線はたったこれだけです。簡単ですね〜


PCから初期設定

あとはちょっとした初期設定をRN52BOに設定します。

PCをUSBシリアルにmicroUSBケーブルでつなげて、ターミナルソフトで設定します。

Windows・Mac・Linuxのどれでも動くCoolTermがオススメです。

それからどのOSでも大丈夫なのがArduinoIDEのシリアルターミナルです。これが一番簡単でしょうか。

通信速度はRN52BOのディップスイッチ1で115200(115k)か9600(9.6k)bpsで選べます。

また、RN52がコマンドを受け付けられるようにもう一つのディップスイッチ2はCMD側にしておきます。

パワーオンボタン(SW1)を2秒ほど長押しするとLEDの赤と青が交互に点滅して起動します。

以下は、CoolTermの例です。

該当するUSBシリアルモジュールを選択し、通信速度を9600bpsにしています。

 “Connect”で接続し、コマンドを間違っていないか確認できるように始めに”+”コマンドでエコーを有効にしました。

次にRN52BOのデフォルトのアナログゲイン設定だと最大音量が小さすぎるので、SSコマンドでゲインを最大にします。(それでもまだ小さいですが・・・。)

RN52BOはプリアンプ程度の出力なので、もっと大きな音にしたい時は外付けのパワーアンプが必要です。


スマホの音楽を鳴らしてみよう!

これで準備OK、あとはスマホとペアリングして音楽を再生してみて下さい。

RN52BOの赤/青LEDが点滅している時はペアリング待ち状態です。

ペアリングが完了して再生できるようになると、赤点滅後に青点滅となります。

スマホ側のペアリングのやり方はここでは割愛します。


次回は・・・

ちょっとした自作Bluetoothスピーカーを作る連載記事にしようと思っています。

次回は秋月電子で売っている手頃な外付けD級パワーアンプを付けて、もっと迫力のあるサウンドを鳴らせるようにしたいと思います。

実は再生する曲によっては、今回の構成ではUSBシリアルから流せる電流が足りずにRN52BOが落ちてしまうこともあるかもしれません。そこは音を鳴らす確認、ということでご勘弁を。

その対策も織り交ぜた内容にしようと思います。

もちろん、スピーカーのエンクロージャも作るとさらに素晴らしいサウンドになります。これも後ほど幾つか作ってみようと思います。

お楽しみに!